銃鍛冶ノ皆伝

No.138

火薬が介することで父は嫌っていたようだが。私は機構が作り出す美しさこそが、銃の強さだと信じる。正しい機構に間違いはなく、使う者の心に響く物を作ればいい。人に余りある破壊力ゆえの正しき銃を。
-ク・ミウナ手記 銃編 第7章より抜粋-

卖价

金钱 720