槍鍛冶ノ皆伝

No.135

父の遺した、なんの変哲もない兵槍を見つけた。長くない樫の木に鋼の穂。なのに持つと、あつらえられたようにしっくりと手になじむ。同じものを何本も、何十本もこのように作れたら私も一人前なのだろう。
-ク・ミウナ手記 槍編 第6章より抜粋-

卖价

金钱 720