剣鍛冶ノ皆伝

No.134

鋭利な刃は叩き、研いでいくほどに、刃紋に自分を写す。写された紋様に惑わされることなく、目指す刃を心に持つ。仕上げは何年経っても緊張が走る。試し斬りが終わるまで、闘い続けなければならないのだ。
-ク・ヨーギの手記 剣編 第5章より抜粋-

卖价

金钱 720