銃鍛冶ノ書

No.124

銃はシンプルなものから機構の精密なものまで本当に幅が広い。武具の中でも銃はまったくの別物。鍛冶が上手くても銃は苦手な職人は多い。私はすべての武器を作ってみたかった。その好奇心が勝っただけ。
-ク・ミウナ手記 銃編 第1章より抜粋-

卖价

金钱 60