斧鍛冶ノ書

No.122

斧を初めて打つときは大斧。失敗を恐れ、材料を渋ることなどもってのほか。厚く幅のある刃は心の大きさや余裕と同調する。鋼を信じ、槌を信じ、熱い炎を信じる。そのゆとり無き者に良い斧は決して作れない。
-ク・ヨーギの手記 斧編 第2章より抜粋-

卖价

金钱 60