槍鍛冶ノ書

No.121

槍は柄がすべて。いかに強い刃を造ろうとも柄が悪いものはすべて失敗作。強くしなやかで美しい柄を造ることが槍を作る基本。柄を造ることなくして、鍛造するべからず。鍛冶屋に伝わる言葉をおろそかにしてはだめ。
-ク・ミウナ手記 槍編 第2章より抜粋-

卖价

金钱 60